03-3364-3936

東京都新宿区百人町1-11-3 1F

生活習慣病

生活習慣病とは

生活習慣病

不規則な食生活や偏食・過食、慢性的な運動不足、嗜好品の過剰摂取(酒、たばこ など)といったことが引き金となって起きる病気を総称して生活習慣病と言います。代表的な生活習慣病として、糖尿病、高血圧、脂質異常症などがありますが、肥満、がん、脳卒中、肝臓病、腎臓病なども生活習慣病の一種です。生活習慣病を発症している方、また健康診断などで生活習慣病予備軍であると指摘された方は、一度ご相談ください。

生活習慣病の特徴として、とくに発症初期に自覚症状が現れにくいということがあります。そのため、気づかない間に病状を進行させてしまうことがよく見受けられます。なかでも糖尿病、高血圧、脂質異常症などを放置した状態にすると血管は常にダメージを受けている状態となるので、血管は柔軟性を失ったり、血流が悪くなるなどして、動脈硬化を引き起こすようになります。そして気づいた時には合併症(ある病気に伴って起こる病気)として、脳梗塞や心筋梗塞を発症していたということも少なくありません。

生活習慣病はこのように命の危険さえ感じさせる疾患ですが、常日頃から生活習慣を見直すことで、予防や改善につながることがあります。その方法は決して特別なことではなく、食生活の改善(食事療法)や運動不足の解消(運動療法)で効果がみられることもあります。また医師が必要と判断すれば薬物療法も併せて行われます。

当院で生活習慣病の治療や予防を行う際は、お一人お一人のライフスタイルに合うよう、それぞれの患者様に適した食事面の栄養指導や体を動かすための運動指導を提示し、日常生活の改善方法をご提案していきます。

代表的な生活習慣病

糖尿病

糖尿病とは、慢性的に血糖値が高い状態にある場合を言います。この血糖値とは、血液中に含まれる糖分(ブドウ糖)の濃度を数値化したものです。

そもそも血糖値は、高すぎても低すぎても病気を招くようになりますが、そのバランスは膵臓から分泌されるホルモンの一種インスリンが機能(分泌)することで維持されています。しかしこれが何かしらの原因で働かないようになる(インスリンの分泌がされない、分泌していても量や質が十分でない)とバランスが崩れるようになるのですが、その多くは血糖値が高い数値のままになっている状態、つまり糖尿病であることがほとんどです。

糖尿病のタイプ

糖尿病はインスリンの分泌不足もしくは作用低下が原因と言われ、そのタイプは2つあると言われています。ひとつは、膵臓のランゲルハンス島β細胞(インスリンが産生される場所)が主に自己免疫などによって破壊され、それによってインスリンの分泌が急激に減少して高血糖状態に陥る1型糖尿病です。もうひとつのタイプは2型糖尿病で、こちらは日本人の全糖尿病患者の95%以上を占めるとされています。一般的に糖尿病と言う場合、2型を指すことが多いです。この場合、主に長きに渡っての不摂生な生活習慣(過食・偏食、運動不足、飲酒・喫煙)や環境要因(過剰なストレスなど)が原因と考えられ、これが引き金となってインスリンの分泌量が不足したり、量が充分でも質が伴わないというような状態になります。

発症のメカニズム

なお糖尿病によって慢性的に血糖値が高くなると、血管内皮は損傷し、血管そのものを硬直化させて動脈硬化を招くようになります。それでも自覚症状は乏しいので症状を進行させがちになります。そして細小血管や神経が障害を受けるようになると合併症(糖尿病三大合併症の糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害 など)を引き起こすようになります。さらに高血糖状態が長引くことで大血管にて動脈硬化が加速し、障害が発生するようになると、脳梗塞、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症といった合併症が起きることもあります。糖尿病で怖いのはこれらの合併症を引き起こしてしまうことです。そのため、糖尿病と診断を受けたら、まず血糖値のコントロールに努めるようにします。

治療に関しては1型と2型で若干異なります。1型糖尿病の場合は、適切な量のインスリンを体外から補うインスリン注射(インスリン療法)が中心となります。2型糖尿病の場合は、インスリンが少しは分泌されていますので、まず食事療法や運動療法による生活習慣の改善を行い、医師が必要と判断すれば薬物療法(血糖降下薬)も併せて行います。それでも改善しなければ、インスリン療法になります。

高血圧症

血圧が正常範囲を超えて高い状態にある場合に高血圧と診断されますが、高血圧とは正式には高血圧症のことで、慢性的に血圧が高い状態を言います。

日本高血圧学会によれば、外来時の血圧測定で最高血圧(収縮期血圧)が140mmHg以上で最低血圧(拡張期血圧)が90mmHg以上という場合に高血圧と診断されます。ただ1度の計測のみで数値を超えていたとしても高血圧症とはなりません。血圧測定を何度か繰り返し行ったうえで、しれでも正常の数値を超えている場合に高血圧症と診断されます。また、収縮期血圧が130~139mmHg、拡張期血圧が85~89 mmHgの範囲内にある場合は、高血圧予備軍とされ、この場合も要注意です。高血圧の患者様はもちろん、健診などでその予備軍であると指摘を受けた方は一度ご相談ください。

ちなみに血圧が慢性的に高いことで現れる自覚症状は、ほぼみられません。そのため、多くの方は放置しがちになります。ただ、高血圧の状態が続くことで血管は損傷を受け続けています。そもそも血圧とは、心臓から送り出された血液が血管壁の内側に与える圧力のことで、これが高い圧力のままだと余分に負荷をかけた状態で血液を送り続けなくてはなりません。この繰り返しによって血管壁は、その圧に耐えるべく硬直し、そのことによって動脈硬化を招くようになります。そしてさらに放置が続くと、心筋梗塞、脳梗塞、腎不全、閉塞性動脈硬化症などの合併症を発症させるリスクを高くさせます。

原因の9割近くが本態性高血圧

高血圧症を発症させる原因は主に2つあるとされています。ひとつは全高血圧症患者様の約90%を占めると言われる原因が特定しない本態性高血圧です。ちなみに原因は判明しないと言われていますが、遺伝的要因、日頃の生活習慣(過食・偏食、塩分の過剰摂取、運動不足、喫煙・飲酒 など)、ストレスなどの環境要因、肥満などが関わっているのではないかと考えられています。そしてもうひとつが他の病気などが原因となって引き起こされる2次性高血圧です。この場合、腎機能低下、睡眠時無呼吸症候群などの疾患や薬剤による副作用などで発症すると言われています。

なお治療の目的は血圧を下げることです。まずは生活習慣の改善から行います。具体的には、野菜中心の食生活や減塩療法などによる食事療法、適度な有酸素運動(30分程度のウォーキング など)をできるだけ毎日行う運動療法になります。また肥満という方にはダイエットにも励んでいただきます。これらだけでは改善が困難であれば、降圧薬などによる薬物療法も併せて行うようにしてください。

脂質異常症

脂質異常症とは、コレステロールや中性脂肪といった血中の脂質の量が慢性的に高い数値にある場合を言います。これは、血液中のLDL(悪玉)コレステロールやトリセグライトなどの中性脂肪の数値が常に高い状態にあることです。また最近になって、HDL(善玉)コレステロールが慢性的に少ない場合もその対象(動脈硬化を招きやすい)になるとされ、これまでの高脂血症という呼び名から現在の疾患名となりました。

コレステロールと聞くとCMなどの影響もあってあまり良いイメージを持ってない方もいるかもしれませんが、これは細胞膜の構成成分のひとつであり、またステロイドホルモンや胆汁酸の材料にもなったりして体にとても必要なものなのです。また中性脂肪にしてもエネルギーを蓄える貯蔵庫の役割があるので必要不可欠です。

しかし、これらが必要以上に増えるようになると血管内でコレステロールなどを蓄積させ、血流を悪くさせ、やがて血管内を詰まらせるなどします。そして動脈硬化を促進させ、脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などの合併症を引き起こすようになるのです。また、動脈硬化とは別に脂質異常症が引き金となって、膵炎(急性)、胆石症、脂肪肝など病を発症することもあります。

なお脂質異常症は、自覚症状がほぼ現れないので、健康診断などでの血液検査でコレステロール値などの異常を指摘されて気づく場合が大半です。それでも症状がないことで放置を続ければ、先にも述べた重篤な合併症を発症させやすくするので要注意です。ちなみに脂質異常症と診断される数値については以下の通りです。

  • LDLコレステロール値≧140mg/dL
  • 中性脂肪≧150mg/dL
  • HDLコレステロール値<40mg/dL

治療について

治療については、食事療法と運動療法が中心です。食事療法では、栄養バランスのとれた食生活(野菜・魚・豆を食べる)を心がけますが、診断されたタイプ(高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセライド血症)によって、それぞれに適切な食事療法が行われます。

高LDL(悪玉)コレステロール血症の方は、動物性脂肪を含む食品とコレステロールを多く含む食品を減らし、植物性脂肪を含む食品を増やすようにします。高トリグリセライド血症の方は、糖質の多い食品やお酒を控え、摂取エネルギー(カロリー)を適正にします。また低HDLコレステロール血症の方は、トランス脂肪酸のとり過ぎないようにしてください。運動療法では、無理のない軽度な有酸素運動(ウォーキングなら1日30分以上、ジョギングなら1日20分以上、水泳なら1日5分以上)を可能な限り毎日行うようにします。

生活習慣の改善だけでは困難と医師が判断すれば、薬物療法も併せて行います。また薬の種類もいくつかあり、小腸でコレステロールが吸収されるのを抑える効果がある薬、肝臓でコレステロールが作られるのを抑える薬などを使用します。なおこれらは動脈硬化が進行している場合などによく用いられます。

長峰整形外科

診療科目
整形外科・内科・消化器内科・小児科・皮膚科
所在地
東京都新宿区百人町1-11-3 1F
アクセス
大久保駅から徒歩1分 新大久保駅から徒歩3分 
電話番号
03-3364-3936
診療時間 日・祝
9:30~13:00 予約
15:00~18:00 予約

...内科、消化器内科、小児科、皮膚科、漢方、内視鏡検査、整形外科、リハビリテーション
...整形外科、リハビリテーション
英語、中国語、台湾語、タイ語対応可