03-3364-3936

東京都新宿区百人町1-11-3 1F

整形外科

整形外科とは

整形外科

整形外科では、主に運動器に現れる症状や疾患について、診察・検査・治療を行います。ちなみに運動器とは、身体の活動において欠かせない、骨、筋肉、関節、神経などをひとまとめにした総称です。

当診療科では、これらに痛みがある、骨が変形している、運動麻痺がある、感覚障害が起きている、反射や歩行の異常がある、関節の拘縮や強直などがみられるといった症状のある患者さまの診療を行います。なお多くの患者さまは、肩こり、腰痛、膝痛、手足のしびれ、神経痛など日常的によく起きる症状でご来院されています。

当院では、運動器の症状を訴え来院される患者さまに対して、まず問診や視診、触診を行います。このほかにも医師が必要と判断すれば、関節可動域の測定、手足(四肢)の長さ、筋力などの計測、神経に損傷がないか、X線撮影などの画像診断、関節液検査、骨密度検査なども行います。さらに高度医療技術による治療や検査、入院加療が必要と医師が判断すれば、当院と病診連携している総合病院、あるいは専門医療機関などをご紹介します。

このような症状はご相談ください(例)

  • 首、肩、腕、肘、手などが痛む
  • 腰、股関節、膝、足、背中などが痛む
  • ぎっくり腰を起こした
  • むち打ち症になった
  • 手や足などがしびれる
  • 手指がこわばる
  • 指を伸ばす時に引っ掛かる
  • 突き指をした
  • 捻挫、骨折、打撲、脱臼をした
  • 切り傷、すり傷、やけどなどの外傷を負った
  • 交通事故によるケガ、労災案件のケガをした など

症状別にみる整形外科領域の代表的疾患

よく見られる症状 考えられる主な疾患
首の痛み、肩のこり 頸椎症、寝違え、むち打ち症、頸椎症性神経根症、頸椎椎間板ヘルニア、頸肩腕症候群
肩の痛み 五十(四十)肩(肩関節周囲炎)、肩腱板損傷
腰の痛み 腰痛、ぎっくり腰、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症、胸・腰椎圧迫骨折、腰椎分離・すべり症、坐骨神経痛、骨粗しょう症
足の痛み 足底筋膜炎、扁平足、アキレス腱断裂
足指の痛み 外反母趾、巻き爪(陥入爪)、痛風
肘の痛み 上腕骨外側(内側)上顆炎(テニス肘、野球肘など)、肘内障、肘部管症候群、変形性肘関節症、離断性骨軟骨炎
膝の痛み 変形性膝関節症、靭帯損傷、半月板損傷、オスグッド病(小児)、関節水腫、関節ねずみ(関節内遊離体)
すねの痛み シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)
手・手首の痛み 手根管症候群、関節リウマチ、腱鞘炎、手指変形性関節症
指の痛み ばね指、突き指、デュピュイトラン拘縮、ヘバーデン結節
ももの付け根の痛み 変形性股関節症、単純性股関節炎
手のしびれ 頸椎椎間板ヘルニア、手根管症候群
足のしびれ 腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)

長峰整形外科

診療科目
整形外科・内科・消化器内科・小児科・皮膚科
所在地
東京都新宿区百人町1-11-3 1F
アクセス
大久保駅から徒歩1分 新大久保駅から徒歩3分 
電話番号
03-3364-3936
診療時間 日・祝
9:30~13:00 予約
15:00~18:00 予約

...内科、消化器内科、小児科、皮膚科、漢方、内視鏡検査、整形外科、リハビリテーション
...整形外科、リハビリテーション
英語、中国語、台湾語、タイ語対応可