03-3364-3936

東京都新宿区百人町1-11-3 1F

リハビリテーション科

リハビリテーション科とは

リハビリテーション科

リハビリテーション(リハビリ)には、教育的、医学的、職業的、社会的と様々あります。当院で実施するリハビリは、心身の機能や構造に障害が生じていることで日常生活に支障をきたしている状態を医学的に改善するために行う医学的リハビリテーションの中の運動器リハビリテーションになります。

同リハビリは、骨・関節・筋肉・神経といった運動器に疾患を持つ患者さまが対象で、理学療法(基本的な動作能力の回復を運動療法や物理療法によって行う)、作業療法、義肢・装具療法などを行うのですが、その中でも当院は理学療法がメインとなります。これらのリハビリを日々行っていくことで、起き上がる、立つ、歩く、座るなどの基本的な動作をできるようにし、機能の回復・改善を図ることで、日常生活や社会生活への早期復帰を目指していきます。

さらに患者様の状態に合わせた「自主トレーニング法」や「日常生活上の注意点」などについてもアドバイスしていきます。

リハビリによる治療が必要とされる方

  • 首や肩が痛い
  • 腕が上がらない
  • 手足がしびれる
  • 腰が痛い
  • 歩くと膝が痛む
  • けがで体がよく動かない
  • 体を動かすと痛みがはしる
  • 手術後のリハビリテーション など

理学療法について

理学療法には運動療法と物理療法があります。それぞれの主な内容は次の通りです。
当院では主に物理療法を中心に行っています。

運動療法とは

身体機能や運動機能の改善・維持を目的として行うのが運動療法です。多くの場合、運動機能の低下がきっかけとなって、安静に過ごすなどすることで活動性がさらに低下するようになるのですが、それによって起きると考えられる廃用症候群(筋委縮、関節拘縮、骨萎縮など)を防ぐために行われます。

当院でよく採用するメニューをいくつか紹介しますと、関節可動域訓練、筋力増強訓練、持久力訓練、運動協調性訓練、歩行訓練などがあります。これらの訓練は、運動器リハビリの中でもよく行われているもので、患者様ご自身の自然治癒力を増進させるために効果があるとされているものです。

物理療法について

温熱、電気、水といった物理的なエネルギーによって刺激を加えていき、それに対する生体反応を利用して機能改善を図っていこうとするのが物理療法です。

同療法では、いろいろな治療機器を使用したリハビリ方法が数多くありますが、よく知られている治療法をいくつか紹介すると、温熱療法としては、お湯につけて熱くなったパック(ホットパック)を患部に当てて血流を改善させる、もしくは超音波の温熱作用によって疼痛を緩和させるといった治療法があります。また、ウォーターベッドに仰向けになって水圧による刺激でマッサージを行うリハビリがあるのですが、これは水治療法と言われているものです。

このほか、電気の刺激(様々な周波数)によって筋や神経を刺激し、筋肉をほぐしたり、しびれを軽減させる電気療法や体のある部分に引く力を加えることで関節変形、拘縮などを改善する牽引療法などもあります。

長峰整形外科

診療科目
整形外科・内科・消化器内科・小児科・皮膚科
所在地
東京都新宿区百人町1-11-3 1F
アクセス
大久保駅から徒歩1分 新大久保駅から徒歩3分 
電話番号
03-3364-3936
診療時間 日・祝
9:30~13:00 予約
15:00~18:00 予約

...内科、消化器内科、小児科、皮膚科、漢方、内視鏡検査、整形外科、リハビリテーション
...整形外科、リハビリテーション
英語、中国語、台湾語、タイ語対応可